おススメ&レビュー

讃岐うどんなのに蕎麦?!野菜あんかけうどんは蕎麦っぽい

Saya
Saya
うどんが好きですが、蕎麦も捨てられません。@Sayaです。

昨日すっかりうどん派と書きましたが、蕎麦が嫌いになったわけではありません。

寒い時期はあったか料理!牡蠣チゲ鍋を釜揚げ讃岐うどんで 小さい頃はお蕎麦好きだったんですが、関東に一時期住んでから、すっかり讃岐うどん派になりました。 本日はお手軽チゲ鍋うどんを...

蕎麦も好きなままなんですが、こんぴらやさんの釜揚げうどんとは別に、同じこんぴら屋さんから出ている蕎麦らしきうどんが目につきました。

Saya
Saya
蕎麦らしきって何⁉蕎麦じゃなくてうどん⁉なんだー!!!?

というわけですっかり気になって仕方ないので、さっそく蕎麦らしきうどんで一品作ってみました♪

スポンサーリンク

蕎麦なのかうどんなのか

早速蕎麦らしきうどんをご紹介。

蕎麦らしきうどんどどん!とインパクトあるパッケージ!

パッケージの上部、ご覧いただけますでしょうか?そば粉不使用の文字が!

というわけで蕎麦ではなく確実にうどんです。原材料に黒ゴマが使われているようで、見た目は蕎麦!ほんとに蕎麦です!

蕎麦らしく鴨南蛮蕎麦風を目指すことに

Saya
Saya
あったかい蕎麦が食べたい…あ、あったかいおうどんだった!

というわけで鴨南蛮蕎麦を目指すことして、まずはお肉を少し甘めのお出汁に入れます。

お肉からお出汁が出るので火の通りやすい野菜より前に入れちゃいます。

親鶏のつみれお出汁には先に固い人参は投入済み。

我が家の次男坊はまだお肉をかみ切るのが苦手なので、使ったのはこちら。

親どりつみれ親鶏を使ったつみれ。親鶏は讃岐名物骨付き鶏でよくお見かけします

ほのかな柚子の香りがさっぱり感を出してくれます♪

つみれに火が通ったらほかの野菜も

つみれに火が通ったら葉物野菜も入れていきます。今回は白菜。

白長ネギだとより鴨南蛮風になるんですが…子どもの好き嫌い対策です。

白菜のほかにシメジも入れます。

野菜が思ったより多いぞ…というわけで

野菜が思ったよりもどっさり入ったので、路線変更して野菜あんかけ風にすることにしました。

というわけで、追加でお豆腐も入れてみたり。

火が通ったところで、水溶き片栗粉でとろみをつけます。沸騰したお出汁に直で入れるとダマになるので、必ず火を消してから混ぜ入れます。

水溶き片栗粉を投入お豆腐は手で崩しながら入れてます♪包丁を使わず楽ちんです。

蕎麦らしきうどんをゆがく

蕎麦らしきうどんの嬉しい点はその細さゆえか、ゆで時間がわずか2分!

半生うどんを湯がくと10分以上かかることが多いので、このゆで時間はうどんにしては脅威!おなかすいたときにぱっと湯がきあがるのでありがたい!

蕎麦らしきうどんをゆがく湯がく姿は、まんま蕎麦!蕎麦にしか見えない!

さっと湯がいて、しっかり水でしめます。

水切りをしたら盛り付けて完成!

蕎麦のような細さのうどん

鴨南蛮風蕎麦を目指しつつ、野菜あんかけ蕎麦…ではなく、うどんになりましたが、寒くなってきているので、あんかけの冷めにくさがとてもありがたい!

お野菜のうまみ、つみれのうまみがしっかりとお出汁にとけて、身体にも優しい一品に。

蕎麦らしきうどんはうどんのような歯ごたえではありますが、その細さのせいか、やっぱりお蕎麦を食べているような気になります。

お蕎麦の食べられない方でも食べられるので、本物の蕎麦で作ったものと並べても見た目に遜色ない一品になりそう。

せっかくなので、蕎麦じゃないやん!といいつつ、え、うどん?いや、やっぱり蕎麦?とつぶやきながら実食してみてくださいね。

蕎麦らしきうどん蕎麦なのかうどんなのか、その答えはあなたの中に…