おススメ&レビュー

キトクラスカフェは自然の中でくつろぐ癒しカフェ

Saya
Saya
カフェが大好きな@Sayaです。カフェって子連れだとゆっくりできないんですよね〜

そんな折、平日に夫が休みでして2人で丸亀の方にあるキトクラスカフェへ行ってきました。

森の中、木の香りがする空間はほっとするような温かな空間でした。今回はそんな素敵なカフェをご紹介します!

木々の中にある建物はあらゆるところに木が使われてる木々の中にある建物はあらゆるところに木が使われてる

キトクラスカフェは山の中にありました

山の中にふと見える看板が目印山の中にふと見える看板が目印

高松市街地から国道32号線をずーとずーっと南西へ走るとあるキトクラスカフェ。高松市内からは車で30分くらいといったところです。

道路から見えるまあるい看板と「KITOKURAS」というロゴが目印です。本当に山の中!といった場所です。

さてさて駐車場に車を停めていざカフェへ。

と思ったら実はカフェだけではない空間が広がっているのです!

山の分校みたいな風情。

中に広がるのは平屋の木の建物と、ちょっとした公園のような広場。

建物は木張りの建物で小さな案内所みたいな建物に続いて掲示板のある場所、その横には雑貨屋さんが並びます。

ちょっとチケット買えますかと言いそうになりますちょっとチケット買えますかと言いそうになります
キトクラスカエフェの利用方法やチラシなどを置いているキトクラスカエフェの利用方法やチラシなどを置いている
掲示板のある空間の横にハンモック!気になりすぎるが使えません(笑)掲示板のある空間の横にハンモック!気になりすぎるが使えません(笑)
木のお皿やカラトリーを中心にナチュラルな商品が並ぶ雑貨屋さん木のお皿やカラトリーを中心にナチュラルな商品が並ぶ雑貨屋さん

雑貨屋さんは10時から空いているのでランチタイムの11時半より早く言って少し中を覗いてみるのもいいと思います。写真は撮影してもいいと言ってもらった商品のみですが、作家さんが作られたお皿やカラトリーなんかもあったり。

木の香りがいっぱいのお店でした。

木でできたしょうひんがずらり!温かみのある手触りと木の香りが心地いい木でできたしょうひんがずらり!温かみのある手触りと木の香りが心地いい
小さな木の花差しはカフェ空間にも使われてました。かわいい小花がを飾りたくなる小さな木の花差しはカフェ空間にも使われてました。かわいい小花がを飾りたくなる

実は木材屋さんのカフェです

カフェが一番奥で手前に雑貨屋さんや絵本を読む空間などが並ぶ棟ともう一つ、広々と空間をとってある棟があって、そちらは木のテーブルや椅子の販売のための見本を置いてありました。

こちらがギャラリー。こちらがギャラリー。

キトクラスカフェの道挟んだ向かいに山一木材という木材屋さんがあり、実はそこが経営しているのがキトクラスカフェ。

なのでテーブルやそれに合うウッドチェアも販売しています。

すべて木で仕上げてる家具!手触りも香りもよく欲しくなる…すべて木で仕上げてる家具!手触りも香りもよく欲しくなる…
基本的には見本で飲食は不可。でも奥のヒノキのテーブルは使ってもいい基本的には見本で飲食は不可。でも奥のヒノキのテーブルは使ってもいい
奥のヒノキのテーブル。天板も分厚くて重厚感あり!奥のヒノキのテーブル。天板も分厚くて重厚感あり!
近くで見たらよくわかる、これ一枚木!近くで見たらよくわかる、これ一枚木!
漫画も小説も山ほど置いてある。本好きのわたしはここで1日過ごせる…漫画も小説も山ほど置いてある。本好きのわたしはここで1日過ごせる…

 

いよいよカフェへでランチをいただきます

カフェでランチが食べられるのは11時半から。それまではベーグルやケーキなどのスイーツとドリンクのみです。そちらもおいしそうですが今回はランチが目的。

カフェに入るとやっぱり木の空間が広がります。セルフ方式なのでカラトリーなどを置いているカウンターがあり、黒板にメニューが書いてあります。

カフェカウンターももちろん木。ベーグルやナッツのケーキなども販売。カフェカウンターももちろん木。ベーグルやナッツのケーキなども販売。
セルフ方式なので、必要なものはこちらからとりますセルフ方式なので、必要なものはこちらからとります
個人的なおすすめはキーマカレー。なかなかない和テイスト!個人的なおすすめはキーマカレー。なかなかない和テイスト!
白い丸は売り切れシールです。おやつに心惹かれる…!白い丸は売り切れシールです。おやつに心惹かれる…!

頼んだのはキーマカレー。一緒に行った夫は焼き豚丼をオーダー。

待つこと数分で無事呼ばれて受け取りに行きます。

それがごちら!

キーマカレー。薬膳のスパイスソースが添えてある。キーマカレー。スパイスドレッシングが添えてある。
焼き豚丼。こちらはスープが一緒になってます。

木のお皿に盛りつけられたカフェランチ!

キーマカレーに添えられたスパイスドレッシングの使い方はちゃんと食べ方を見てから楽しんだほうがいいですよ。もちろんわたしもこの通りいただきました。

キャロットラペはともかく、キーマカレーにみつ葉や細ねぎを和えることをしたことがなかったので新鮮な味わい。だけどカレーの味がこの和の薬味に合うんですね!驚きました。

スパイスドレッシングもカレーに混ぜて食べたら辛みが突然アップ!でも何というか、えげつない辛さではなく、元のカレーをさらに引き立ててくれていました。

夫の焼き豚丼は横からぱくり。お肉の甘辛とご飯、当然よく合います!こちらもみつ葉や青ネギを絡めたりキャロットラペを添えたり、と楽しみながら食べてました。

キャロットラペはフランス料理。にんじんを細長く切ったものにビネガーやオリーブオイルを絡めたサラダです。

ビネガーが効いているので浅漬けのピクルスのような酸味を楽しむことができます。

今回はカフェスペースのカウンターでいただきました。大きくつけられた窓からは木々の緑や木漏れ日の明かりがさして、窓の外を見るだけで癒されます。

カウンターテーブルのみで向かい合わせで座るテーブルはないのはひとえにこの景色故だと思うカウンターテーブルのみで向かい合わせで座るテーブルはないのはひとえにこの景色故だと思う
テーブルに飾られたかわいいお花。先ほど見た木の花差し!テーブルに飾られたかわいいお花。先ほど見た木の花差し!

木の滑り台と木のブランコと木のベンチと

カフェのある棟とギャラリーの棟の間にはちょっとした空間があって、そこには木でできた滑り台とブランコがあります。

木の階段がつながっている木の階段がつながっている
滑るところももちろん木でできてる滑るところももちろん木でできてる
ブランコも縄以外は木。ブランコも縄以外は木。
ちょっと童心に帰って乗ってみた。気恥ずかしい。ちょっと童心に帰って乗ってみた。気恥ずかしい。

あと、ちょっと珍しい、空を見るための木のベンチがありました。

うまく木を組み合わせた絶妙な角度のベンチうまく木を組み合わせた絶妙な角度のベンチ
座って背もたれにもたれたら視線は自然と空のほう座って背もたれにもたれたら視線は自然と空のほう

ベンチから見上げる空はこんなにも気持ちいい。

ベンチから。木々と青空と白い雲。何とも言えない気持ちよさで写真では魅力が伝えきれないベンチから。木々と青空と白い雲。何とも言えない気持ちよさで写真では魅力が伝えきれない

Saya的まとめ

キトクラスカフェは木の香りとぬくもりでいっぱいの場所でした。

子どもを連れて行っても喜びそうな遊具もありますが、わたし的には大人だけでまったりと過ごせたら最高のリフレッシュになる!と感じた場所でした。

久々に夫と二人でのお出かけで気分が上がっていたのもありますが、デートにももってこいの静かでおしゃれな空間です。

今度はお友達とも行きたいなー。お友達通しで来られている年配の女性グループもいて、なんかわかる!と思ったのは夫には内緒です(笑)